SEARCH BY TAGS: 

July 21, 2016

Please reload

RECENT POSTS: 

ブロックもブレーキもホントはない

June 12, 2016

 

こんにちは、麻美です。

 

 

きょうは、ブレーキやブロックの

お話をしてみようかな〜と思います。

 

 

こころのブロック

こころのブレーキ

 

 

これらがある、という錯覚が

問題をつくっているのですが、

 

そうは簡単に言っても

 

じゃあ、これは?あれは?

現実には問題は山積み!

 

って思うこともあるかもしれません。

 

ほんとは、常に「状態の変化」が

あるだけなのです。

 

 

フォーカスすると

部分を切り抜きますから

 

それが問題になりますが、

 

俯瞰してみると

実は、あるのは、状態だけ。

 

 

ブロックがあったり

ブレーキがあるという錯覚は

 

問題解決しては、

次なる問題を創りだすパターンを

繰り返してしまうのですね。

 

 

けど、それが実は

ほんとうは無くてもいいものだとしたら・・・?

 

問題つくり損・・・なんてことも。

 

 

不安から

イマジネーションを膨らませ

それと対話しても・・・

 

問題解決に結びつかず

 

それ自体が錯覚なのだとしたら・・・

 

本当にそれを信じたいのかどうか

自分にもう一度

聴いてみるといいかもしれません。

 

不安のイマジネーションを

現実化させたいのか

 

もしくはさせたくないのか。

 

 

思考したことも

現実を見て、思考した反応も

 

 

そのままこのまま

 

 

「認める」ことができたら

いいですよね。

 

 

そして、

信じたくない!!

と決めることができたら

 

さっと、フィールドを

移動してみましょう。

 

 

あなたはしあわせになりたいのだとしたら、

 

しあわせになったあなたは

 

今 どのように過ごしているのか

 

それをイメージしてみましょう。

 

きっと

ありのままの自分にくつろぎ

そして幸福を味わい

 

笑顔でいるかもしれません。

 

 

あなたの体験していないこと

 

まだ、実感として

リアルな現実

五感を感じられる現実

 

ではないところでの

不安や心配のイマジネーションは

 

自分で創りだそうと

しているのだと

気づけるといいかな〜と

思います。

 

 

というのも

わたしは、全部を現実と

定義していないからなのです。

 

世界の裏側や、

ニュースで流れていること

ネット上のことも

 

体験していないことは

意識の外周と名付け

 

それは現実ではないと

定義しています。

 

 

思考は現実化する、

でいうなら、

まだ思考の段階で

 

現実ではないのですね。

 

言葉の通り、

起きていないことです。

 

 

これらは、

量子力学や物理学を

少しでも学んだことのある方には

分かるかもしれません。

 

そもそも、

現実は観測の結果であったりとか。

 

ということは

その観測というのは

どのように生まれるのか。

 

そうです。

 

わたしたちの思考です。

 

 

何度でも思い出してみましょう。

 

 

シンプルな法則。

 

 

わたし=誰か、すべて

 

 

わたしの感じたこと

考えたこと

 

これらが観測の結果です。

 

これは結果ですから

 

原因もあるのですね。

 

 

原因というのは

いつも思考していることです。

 

 

たまに思考することではなく

いつも思考していること。

 

そして

いつも同じように反応してしまうこと。

 

 

それは、今はあなたにとって

真実だとしても

 

いつなんどき、

変わるのかはわからないものです。

 

また、いつも反応する思考が

同じだとするなら

 

それがパターンといわれるものです。

 

無意識の自動操縦。

 

つまり

潜在意識が信じていることです。

 

 

信じている。

そう、今は。

 

 

でも、

違う真実を創造することは

実は・・・可能なのです。

 

 

そんなはずはない、

そう思うでしょうか。

 

もしくは

可能かもしれない。

 

信じて行ってみようと

思えるでしょうか。

 

 

真実が変わると

本当に現実は変化します。

 

 

 

もしも、

ほんとうに現実を

変えていきたいと思ったら

 

信じる力を使うのですが

 

これは急には難しいと

感じる人もいるかもしれません。

 

 

なぜなら

時として3次元思考を

越えて行かなくてはならないからです。

 

 

現実を見て

何を思うのか

何を思考しているのか

 

 

それがあなたの現実を

創造している

素粒子のあらわれであると

 

認めるところから

はじめます。

 

 

それは見たくないもの

直視したくないことも含まれ

痛みを伴うことも

あるかもしれません。

 

 

なぜ◯◯さんは・・・☓☓なの???

 

 

それは、その人を表すモノではなく

あなたも同じことをしているいるよ〜

 

という潜在意識からのメッセージです。

 

 

そんなはずはない!!

 

と否定したくなるのを

認め、そして思考を修正し

自らが行動を改めることでしか

 

現実も変わらないのだとしたら

 

真実の再創造、再定義の

パワー(愛と感謝)を使ってみたいでしょうか。

 

 

 

 

 

嫌い

不安

心配

嫉妬

恐怖

妬み

攻撃

 

 

 

これらは

愛と感謝とは同居できません。

 

 

実は

 

たのしい

嬉しい

綺麗

ステキ

良い香り

尊敬

好き

賢さ

 

 

これらも

愛と感謝とは同居できないのです。

 

 

これは2つで「ひとつ」

 

コインの裏と表なのですね。

 

 

愛と感謝は

コインを超越しているのです。

 

 

 

わたしがたのしいとき

「わたし」は忘れます。

どこかでは泣いている自分(他者)がいることを。

 

わたしが泣いているとき

「わたし」は忘れます。

どこかでは笑っている自分(他者)がいることを。

 

 

すべてに「ありがとう」のキモチになったら

あなたはその瞬間、

 

 

無我となる。

 

「わたし」が無くなり

 

 

 

そして本当の

ほんとうの、あなたを感じるのです。

 

 

そこには

ブレーキもブロックも存在しない。

 

 

当たり前の日常が

ただただ美しく映ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Copyright@2020 Unity ,all rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now