SEARCH BY TAGS: 

July 21, 2016

Please reload

RECENT POSTS: 

ふれたい、そう思わせる

April 14, 2016

 

 

きょう、映画「TO THE WONDER」を観ました。

 

あまりの映像美に涙があふれた。。。

 

撮影監督はエマニュエル・ルベツキ。

 

 

ルベツキは、

イニャリトゥ作品である、

バードマン、ゼロ・グラヴィティ、

最新作、レヴェナントなどを撮影しています。

 

ん〜〜、バードマンも

心の底から震えた描写がありましたが

本作品も、、深くふかく身がふるえだしました・・・。

 

ど真ん中のわたし好みでしか、ない。

 

 

この感覚は、元をたどれば

10代で見た、フィッシャー・キングの

このシーンにあったように思います。

 

 

邦画だと岩井俊二さんの世界観も大好きです。

 

こころ震わす映像美にふれるたびに思うのは

女性がどこまでも美しく撮られている、ということ。

 

 

 

 

 

 

 

ふれたい

そう思わせる映像に

わたしは、心身がふるえるのだと思います。

 

 

ためいきがでます。。。

 

 

日常でも

この体感、温度を感じることが

豊かさを運んでくれるように思います。

 

手の指先から

足の爪先まで

 

感覚を研ぎ澄ますと

微細な波動を感じ取ることができます。

 

 

すると、ただただ

いきる歓びにあふれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

TO THE WONDER

 

 

 

Please reload

Copyright@2020 Unity ,all rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now