SEARCH BY TAGS: 

July 21, 2016

Please reload

RECENT POSTS: 

シンクロニシティとカラーバス

May 5, 2016

 

 

こどもの日、おめでとうございます。笑

 

いつまでも「こども」でいたい

中村麻美です。こんにちは。笑

 

きょうはお子達の

渋谷・原宿ショッピングに付き合った一日。

 

彼女らの欲求に忠実な精神力と体力はおそるべし。

 

街中は大混雑かと思いきや

なぜか行くところ行くところ

人混みはなく

スムーズで快適なショッピングとなり

 

すっかり気持ちの良い散歩ができました♪

 

 

連休最終日

あなたはいかがお過ごしでしたか♪

 

 

 

 

 

では、本題♡

 

先日、Facebookで、

 

シンクロニシティとカラーバス効果の

違い、について

 

少し書いたことがありました。

 

 

それはこちら

 

 

唐突ですが、、、 
 
シンクロニシティと
カラーバス効果って
 
実は違うモノなのです。
 
シンクロは共時性なので
同時に起きます。
 
時間や距離を超越し
ほんと寸分の狂いなく
同時刻に同時に多発し、起きること。
  
カラーバス効果は
自分の思考が外周から
内周に近づくのに
時間と距離があるのです。
 
たとえば、
似たような話題を目撃するときは
シンクロではなく、
カラーバス効果です。
 
外周で見かけた時には
思考の送り出しがうまく行っていて
内周にどんどん引き合っていきます。
 
そして気づいたら
自分が体験する「状態」を迎え
はじめて、現実となる。

 

正直、この違いが

どうであるかなど

 

興味のある方は

よほどのマニアック層のみで

 

どうでもいいことだと思いますが・・・

わたしは好きなのであえて、

書いてみようと思います。笑

 

 

この違いってけっこう曖昧で

 

わたしもよく

 

誰かとの対話で

同じ話題を目撃すると

 

「シンクロしたね〜」などと言ってしまうのですが

 

それはほんとは、

カラーバス効果のことで、

 

シンクロニシティとは、

実のところ明白な「違い」があるのです。

 

 

シンクロニシティ、

 

これは体験した人だけが

その明白な違いを理解することができるのですが

 

 

そうなると

 

体験していない人には

まるで感覚がつかめないモノかもしれません。

 

 

しかし、

実のところ

シンクロというのは

常に起きていることなのです。

 

 

では、その違いを知る体験とは

何なのか、ですが、

 

これは「体感・知覚・自覚」

をしたかどうかの違いなのですね。

 

明らかに

体が知ります。

 

神聖な体感が走るのです。

 

 

シンクロニシティとは

共時性ですから

 

同時に物事が「起きる」

ことを指します。

 

 

たとえば、

同時刻に地球の裏側の誰かと

こころが完全に繋がったり

 

虫の知らせのような感覚を覚え

その先の人間から連絡が入ったり

 

ちょうど思考していた相手と

ばったり街で遭遇してしまったり

 

心を解放した途端に

想っていた相手から連絡が入ったり

 

ということが双方にとって

同時に起きることです。

 

 

この時

わたしたちは、

時間と距離の中にいません。

 

「時」の中です。

 

 

時の中とは

 

潜在意識の「意識」同士の遭遇なのです。

 

 

たとえば、

分かりやすい例を出すと

 

わたしはマイケル・ジャクソンが大好きで

幼少の頃から、ものすごく彼の音楽を愛していました。

 

 

そのマイケルが死んだ時刻、

わたしは彼の死を悟っていたのです。

 

 

信じられないことだと思うのですが

わたしは誰よりも先に

彼の死に対して、泣いていました。

 

 

そして、

マイケル・ジャクソン

オンパレードの一日を過ごしていました。笑

 

そしたら友人から

「TVみて!マイケルが死んだって!!」と

メッセージをもらい、

 

やっぱりな、と。

 

 

その他にも親戚にも同じことがあったり

 

 

思考した人と

ばったり街中で出会うことはよくあります。

 

◯◯がほしいな〜

◯◯が食べたいな〜

 

と思考すれば

 

その思いが意識を通じて誰かを動かし

 

お土産でもらったり、、、♪

 

 

ただ、いつも言っていることですが

 

このシンクロは優先価値基準に比例します。

 

 

ので、私で言うなら

「人間関係」のシンクロ率が高いのです。

 

 

これは顕在意識で動かすことはできず

 

深層意識の領域のお話になります。

 

 

引き寄せの法則と同じですね。

 

 

普段わたしたちは

完全に顕在意識が稼働していますから

 

 

自分に、心の底からくつろぎ

そしてゆるむことがありません。

 

 

緊張状態ですと、

このシンクロニシティは

「体感・知覚・自覚」

をすることができません。

 

 

それらが解き放たれている時のみ

わたしたちは、

「体感・知覚・自覚」

をすることができます。

 

 

では、どうしたら

それを可能な状態へ導くことができるのか。

 

 

それはやはり「今」なのですね。

「今」の無限のパワーにふれることなのです。

 

 

誰もが過去や未来に思考が分散し

そして「意識・こころ・体」が一致していません。

 

分離、乖離しているのです。

 

 

意識は明日

心は昨日

体は現在

 

 

というように散漫になっているのです。

 

 

 

それが「今」へ一点に集中をした時

つまり、解放状態にあるとき

 

 

わたしたちは

深層で意識の同士の遭遇をします。

 

 

※一点集中とは、がむしゃらとは違います。

むしろ、全体を俯瞰できるほどのリラックス状態です。

 

 

すると、意識でつながった相手と

シンクロニシティを共有することができます。

 

 

深層は宇宙です。

 

わたしたちにも

ちゃんと観えている、あの宇宙ソノモノです。

 

ただ、宇宙も

観えていることは

たったの数%で

90%以上は、目には観えていません。

 

 

科学は一生懸命、

意識、そして宇宙を解明しようとしています。

 

 

しかし、

どこまでいっても、科学が

意識に追いつくことはできません。

 

 

「状態」と「全体」

を同時に理解させることは不可能なのです。

 

 

それを可能にするのは

実は科学ではありません。

 

わたしたち一人ひとりなのです。

 

わたし、そしてあなたが

意識同士で遭遇し、体感することでしか

 

 

ホントウの真理が

解明されることはないでしょう。

 

 

科学にはなぜ理解をさせることが不可能なのか。

釈迦があれだけ説いても

私たちが、争いをやめられないのと同じこと。

 

 

 

意識・こころ・体の

分離、乖離状態、

 

それは、「ダメ」な状態とは違います。

 

時には、ホントウの源へ「還り」

充電できるといいだけなのです。

 

自分が本当はどこと繋がっている

価値ある「存在」なのかを認識する。

 

 

 

人生の視界が一気に開けます。

 

 

 

ということで、

 

 

それを体感できるワーク

そして経済的な自立へも飛躍的につながる

合宿を、友人でもあり

心から敬愛する、この方と行うことにしました。

 

都会から少し離れた圧倒的非日常空間な

とある場所で、

自然の中でめーいっぱいのリラックスし

そして体に良い食事を取りながら

 

「意識・こころ・体」の一致を体感しましょう。

 

また更には、しっかり資産(人生)形成にまで

顕在思考を設計するプロセスも辿りましょう。

 

 

人生を最幸な状態へクリエイトしていきたい方は

いずれの、お知らせをお待ち下さい♪

 

 

 

 

では、GWにエネルギーチャージした体で

明日からも素敵な日々をお過ごしくださいね♡

 

 

 

 

 

 

Please reload

Copyright@2020 Unity ,all rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now