SEARCH BY TAGS: 

RECENT POSTS: 

諸行無常

こんにちは、中村麻美です♪

本題に入る前に

間もなく、〆切ります。

■6月4日(土)

「嫌われると人生が好転する10の理由」in東京

トークライブ詳細はコチラ

こちら、女性限定ですか?との

お問い合わせをいただきましたが、

もちろん男性も大歓迎です♪

諸行無常。

とは・・・

「この世に存在するすべてのものは、

同じ状態を保つことなく移り変わっていき、

永久不変なものなどないということ。」

この世界、変わらないモノが

あるとするなら、

どんなことだろう、って

考えたことがあります。

やっぱりそれは「愛」なのだと

そう思えるわけですが、

景色はほんと、変わりますね。

観えること、感じること

そして価値観も

愛によって変化していく。

ここでも先に

意識に変化がでるから

観える景色も

ふれあう人々も

変化していくのだな〜と。

どのステージが良くて

どのステージが良くない

ということではなくて、

単純に優先させたい価値観にそって

それぞれが何を優先することで

幸福を感じ

生きている実感を得ることができるのか

十人十色ですね。

あらゆる人間関係

そしてパートナーシップにおいても

互いの価値観を理解することは

良質な関係を築いていくのに

とても大切だと思えます。

自分の価値観も

相手の価値観も曲げずに

互いにとって

価値観が満たされることを

与え合う。

男性にとって仕事に精を出すことが

第一の大切な価値観だとして、

女性にとっては、

それが恋愛や家族だったりすると

すれちがいの時間ができれば

どこかぎこちない関係へと停滞していきます。

互いに不平不満。

「こんなはずではなかった」と。

価値観を互いに曲げない、とは、

男性が仕事に精を出すことで

どんなメリットがあるのか、

女性は「恋愛・家族」という領域と

ひも付けできたらいいのですね。

仕事に精を出すことについて

きちんと理解をしようとする姿勢も大事で

そもそも、男性はなぜ、仕事をしたい、のか。

何のために、それをしているのか。

それを理解する。

男性の究極の行き着く先は

女性をしあわせにすることです。

笑顔が活力の元。

女性がしあわせなら

安心して外へ出て、活躍します。

それゆえ、仕事が軌道にのり

思いっきり冒険ができるのですね。

女性は与えることが

本来の役割として備わっていますが、

与えすぎることで

期待と絶望を行ったり来たりするのでは

本末転倒。

与え過ぎをやめて、

手をぬくのが良いのです。笑

女性は男性に与えたい、と思わせることで

最幸のパートナーシップを築けるのです。

WINWINです。

それは具体的に、

自由にさせておく、というのも

ひとつの与えたいと思わせる行為であり、

干渉し過ぎないことは

信頼関係を結ぶことにつながります。

引き寄せの法則で言うなら

手放す、や、解放する、ですね。

それはしっかり深層で

シンクロニシティが起きますので

自然な状態で愛と愛が引き合う。

男性は信頼されている

と感じれば感じるほど

女性に対して

与えたい、という欲求が強化されていきます。

少し、話をもどして、

価値観のひも付けですが、

何のために男性が仕事を優先させるのか知ること、

更には、仕事が軌道に乗ることで

恋愛や家族としての生活や

様々なことがどのようにより良く成るのか

それがイメージできるか否かがキーです。

幸福な感情がわき、明確にイメージできたなら

男性の外への冒険を

心から応援でき、

また、自分の価値観も満たされる現実が

本当に創造されていくのですね。

そうでしたね。

この世界、イメージが現実を創りますから。

ただ、外への冒険のひとつに、

浮気などを心配することも

あるかもしれません。

しかし、これもイメージなのですね。

自分で引き寄せるのです。

イメージの無い人の現実には

たとえ、事実、そのようなことがあったとしても

女性の現実内では一切、

それらを認識するようなことは起きません。

不思議ですね〜。

これは世界七不思議ほどの不思議ですが、

観測したいものしか

観測しようがない世界なのです。

ということは、

浮気が事実でも

男性を信頼し、解放している女性にとっては

現実ではないのです。

また、男性は最終的に

それほどの信頼を寄せている女性を選びます。

これも不思議ですね〜。

わたしは過去、

浮気をされたことがあるのです。

その時の教訓から言えることは

浮気ってその言葉の通り

浮ついた気なのです。

本気ではないのです。

男性が本当に女性を

しあわせにしたいと目覚めるトキ

浮気をしたいという

浮ついた気は起きないのです。

ということは、浮気を現実化させる

女性側にも問題有りなのです。

問題というか、

そのイメージを選択してしまうことですね。

しあわせなイメージが

明確にできないが故、起きることです。

ただ、そのイメージも

浮気という現実を観た後に

開花することもあるのです。

ソノ第一歩が

自分はしあわせを受け取ると

本気で決めることにほかなりません。

自分も浮ついていたんだな〜と

相手の浮つきから学ぶ、ということでしょうか。

本気ではないのは

相手だけではないということ。

そしてタイトルに戻ります。

諸行無常。

男女間のパートナシップにおいて、

もちろん、その他の人間関係においても

良質な関係を継続していくには、

この諸行無常への理解の度合いが

関係している、そう思います。

なんだか、難しい話をしてしまいましたが、

ふと思ったので書いてみました♪

行き詰まったり

また、深刻になりそうになったら、

その時点で

本質から遠ざかろうとしているのだと

早々に気づいて

軌道修正をできるといいのかな〜と

思います。

人生からユーモアが失われると

途端に悲劇ですから。

いつだって、

こころにユーモアを。

また、

顔を下向き下限になりすぎずに

上を向くことで

考えすぎることが止みます。

目を大きく開いて

そしてニコッとしてみるのも

効果抜群ですよ。

笑顔はたのしいこと、

ステキなこと、

しあわせなことであると

ほとんどの方がアンカリング

されているからです。

楽しいから笑うのではなく

笑うから楽しくなる、

という一説もあるくらいです♪

そして自分が笑顔になってしまうこと

そして大切な人たちが

笑顔で過ごしていることを

しあわせであることを心から想う。

ハートが開きます♪

いろ〜んなことあるかもしれないけど、

どんなあなたも魅力的で

すてきです♡

きょうも明日も明後日も

ずっとずっとずっと

あなたがしあわせと共にありますように♪

All You Need Is Love

Copyright@2020 Unity ,all rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now